5αリダクターゼの抑制が脱毛防止の鍵!その方法を発見した!

脱毛に終止符を!

 

抜け毛の専門用語に「男性脱毛」という言葉があります。その原因になっているのが「5αリダクターゼ」と呼ばれているもの。5αリダクターゼを抑制することが脱毛解決への鍵になります。

 

ですが、5αリダクターゼって何?と思う方もいらっしゃるはず。5αリダクターゼという言葉を聞いたことがある方は少ないでしょう、多分あなたもご存知でないかもしれません。

 

こちらのページでは5αリダクターゼについて調べたことを分かりやすくお伝えします。あなたの育毛ライフに役立つ情報になれば幸いです。

 

 

5αリダクターゼの正体を暴いてみた!

まとめ

5αリダクターゼという言葉を聞いたのは初めてという声が聞こえてきそうですが、脱毛で悩んでいる方はぜひ知っていただきたい情報ですので、このまま読みすすめてください。まず5αリダクターゼというのは何かというと酵素のことです。酵素というからには何らかの形で体に働いてくれるのですが、脱毛に関することですから男性にとって良い酵素ではないということはなんとなくイメージできますよね。

 

この5αリダクターゼがどのように働くのかというと、男性がもっている「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」に変えてしまう働きを持っています。テストステロンという言葉を聞いたことあるかもしれませんが、男性ホルモンと呼ばれていて精力や筋肉など男らしさと深く関係しているホルモンです。分泌される場所は精巣です。

 

そこで、普通に考えて男性ホルモンというと、毛深い男性をイメージするかもしれませんがこれはある意味当たっています。胸毛やすね毛などが濃い男性は男性ホルモンがバンバン出ていて見た目がとても男らしいのですが頭の毛を見ると「アレ?」と疑ってしまいます。これが典型的なテストステロンが過剰に分泌されている男性像です。

 

で、恐ろしいことに5αリダクターゼはもっと追い打ちをかけます。それが先程お伝えしたジヒドロテストステロンというホルモン。

 

5αリダクターゼはテストステロンに働きかけてジヒドロテストステロンに変えてしまいます。ジヒドロテストステロンというのは男性脱毛の原因となっているホルモンですから毛母細胞の働きを止めてしまいます。毛母細胞というのは毛乳頭の周りにある細胞のことです。

 

⇒ ※毛乳頭細胞についてはこちらを参照

 

 

ジヒドロテストステロンが作られてしまうと皮脂の量が一気に跳ね上がります。皮脂は育毛を妨げてしまいますので、育毛力がどんどん低下し挙句の果てに脱毛という悲惨なことが起こります。ですから是が非でも5αリダクターゼを抑制する必要が出てくるというわけです。5αリダクターゼの抑制に成功すれば脱毛を防ぐことができますし、その結果皮脂量が減ることで育毛の再スタートにも期待が持てます。

 

次の章では5αリダクターゼの抑制の可能性や方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

5αリダクターゼは抑制できる?注目の独自配合成分ペブプロミンαについて調べてみた

抑制

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わってしまったらそう簡単には脱毛を止めることができないかもしれません。ホルモンが変わる前に手を打つ必要がありますね。どうにかして5αリダクターゼを抑制しないといけません。

 

そこで抑制成分として活躍してくれるのが「ペブプロミンα」です。ある育毛剤のサイトにペブプロミンαという言葉が出てきたのですが、独自配合という説明書きもされていました。これは何を意味するのか?というと成分と成分を合わせて作り上げた成分がペブプロミンαになったということです。

 

その成分の元となっているのが「ヒオウギ」「ボタン」「ビワ葉」の3つです。この3つの成分が5αリダクターゼを抑制してくれるというわけなんですね。こちらの3つの成分についての詳細は以下のとおりです。

 

 

ペブプロミンα配合成分ヒオウギとは?

ヒオウギ

育毛剤に欠かすことのできない成分「ヒオウギ」について調べたことをお伝えします。男性脱毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制するために新しく配合した成分ペブプロミンα、この中にヒオウギは含まれています。

 

ヒオウギというのは観葉植物として楽しまれることが多いのですが、育毛サポートのために働いてくれる成分としても有名です。ペブプロミンαを作成する上で欠かせないヒオウギは脱毛を防ぐためにとても重要な成分なんですね。

 

 

ペブプロミンα配合成分ボタンとは?

ボタン

ボタン」は道で見かけることも多く家の庭に植えている方もいらっしゃるほど身近な植物です。意外ですがボタンエキスは育毛剤に含まれていることが多いのです。そしてボタンエキスもペブプロミンαに含まれている大切な成分の1つです。

 

ボタンエキスについて調べたところ抗炎症の効果が高いことが分かりました。これは5αリダクターゼの抑制につながっているのでは?と私は感じています。皮脂量を多くする5αリダクターゼの働きを弱めるボタンエキスは育毛剤にか欠かすことのできない成分だということが分かりました。

 

 

ペブプロミンα配合成分ビワ葉とは?

ビワ葉

普通に生活していてもあまり耳にすることのない成分「ビワ葉エキス」もヒオウギやボタンと同様に5αリダクターゼの抑制をサポートしてくれる成分です。

 

そして、ビワ葉エキスを取り入れると5αリダクターゼの抑制だけではなく、髪の毛を成長させる効果にも期待できます。一番効いてほしいのは脱毛ですが、それと同時に発毛サポートもしてくれるとダブルできたいできるでしょう。

 

 

5αリダクターゼ抑制についてのまとめとして

まとめ

 

男性脱毛の原因にもなっている5αリダクターゼについて調べたこと、そして抑制方法(ペブプロミンα)についてお伝えしましたが分かりやすかったでしょうか?

 

普通の生活をしていても耳にする言葉ではないですからご存知でない方も多いと思います。でも、こちらの記事を読んでくださったあなたは男性脱毛原因についての知識がしっかり頭にインプットされたはず。

 

ですから、今度はその知識を実際に活かせるように使ってみることが大事ですよね。

 

ペブプロミンαが含まれている育毛剤で人気なのが「プランテルex」です。今までミノキシ系の育毛剤が流行っていたのですが、それにとってかわった育毛剤です。

 

口コミなども紹介されていますのでそちらをチェックしてみると、明るい未来を作るヒントがもらえるかもしれません。

 

 

> プランテルexの口コミについての詳細をチェック!